オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

面接までの流れ

クラブで働きたい、という場合、キャバクラのように求人情報からだけでは情報が得られないことがある。
高級クラブは条件が厳しいため、募集も限られたところから行うことが多い。
高級クラブでは、ママとは別に経営に関わる男性スタッフがいる。
そうした人々が、引き抜きのために他店をまわることもあれば、街中や人の紹介でスカウトを行うことがある。

クラブで働きたい、という場合は信用が重要なので、女性も身元が明らかな人でなければならない。

クラブによく行く男性客や、スタッフに紹介してもらい、面接を受けることで入店することができる。

高級クラブが立ち並んでいるのは日本では銀座などである。
地方でも、繁華街などで高級クラブが立ち並んでいる所がある。
そうしたところでキャバクラとして働き、評判が高ければ、クラブから引き抜きの話がある場合もある。

アルバイト

高収入を望む女性が求人をクラブやキャバクラで求人情報を見て応募してくる。
この時、女性は自由に働く時間を求めてくることもある。
ホステスは専門性が強いため、アルバイト募集が少ないと思われがちだが、アルバイトの求人もある。
この時、アルバイトはヘルプとも呼ばれる。

高級クラブの営業時間は風営法によって定められており、遅くても24時までとなっている。
このため、高収入を望む女性にとっては、短い時間で多くの収入を望める高級クラブのアルバイトは好条件のアルバイトとなる。
クラブで働ける条件が、18歳以上とされているが、その年齢をクリアできれば、専門学校生でも大学生でも働くことができる。

高級クラブではアルバイトよりも専門で働くホステスの方が多い。
それは、クラブでの指名制度である係というものが大きく関わっている。
この係とは、永久指名の事で、ホステスはこの係として付いたお客様の接客に関して全責任を負うことになる。
このため、接客術やお客様個人の接客プランなどがあるので専門性が高くなるのである。

アルバイトも正規のホステスも、女性の事情によって働き方を変えることができるものではあるが、正規のホステスの場合は専門性が問われる店のサービスのかなめとなるものである。
キャバクラはアルバイトも正規も変わらず仕事を組むことができる。
指名によって収入が変わる事は同じであるが、ホステスのように客のサービスを一挙に背負っているわけではないので、自由な働き方ができる。

共通点

高級クラブのホステスとは、その場の接客に気配りをし、飲食物、接客サービスを提供する職業である。
キャバクラとの違いはその場を仕切る技術の高さを見込まれているのと、高級感を演出することである。
キャバクラと違うところもあるが、同じ面もある。
それはアフターや同伴に関することである。
店内でのサービスは店の収入になり、歩合制で給料が分配される、というのもキャバクラと高級クラブの共通点である。
同伴を店側がホステスに業務として課している場合もあるが、しかし、同伴やアフターは女性スタッフがつける個人的なオプションとなる場合がある。
個人的なオプションのため、そこでプレゼントされた金銭や物は、女性スタッフのものとなる。

個人的なお付き合いとなると、身体の関係に至る人達もいる。
しかし、これはクラブでもキャバクラでも推奨されていないことである。
あくまでもホステスと客の関係を壊すことを店側は望んでおらず、禁止されている。
ホステスと客という線引きを引くことのできる毅然としたホステスの態度が求められている。
求人でも、そうした面を重要視し、面接が行われる。